早川ゆかり プロフィール

yukari090206ed2舞踊家、ヨーガ気功講師。

4歳から学んだバレエ・モダンダンスをベースに、ヨーガ・気功・野口整体・野口体操など、様々な要素をまとめ上げ、対象に応じた独自のレッスンを展開している。指導歴は40年以上、対象年齢は、3歳〜80代と幅広い。

ダンスクラスもヨーガ気功クラスも、「からだの声に耳を澄ませ、豊かな感性を育てましょう!」をモットーにしている。

ダンスバルーン主宰。特定非営利活動法人リトミック研究センター講師。NPO法人健康寺子屋講師。世田谷表現クラブ講師。新浦安カルチャープラザ講師。特定非営利活動法人ひまわり工房講師。

一般社団法人現代舞踊協会会員。NPO法人エイブル・アート・ジャパン会員。
東京女子大学文理学部哲学科卒。

 

  • ダンス

4歳から広島県の平櫛安子に師事。その後石井みどり折田克子舞踊研究所を経て現在フリー。現代舞踊の大御所の元で青春を捧げ、数多くの舞台を通して、ダンステクニックのみならず踊るこころと多様な感性を学ぶ。

振付・演出・時々出演もクラシックからアングラまでと幅広い。フリーになってからは、菊地純子等のダンス公演への客演だけでなく、パフォーマンスユニットとしての活動や、高田恵篤(万有引力)、宗方駿(プロジェクト・ムー)演出の演劇や舞踏公演への出演も数多い。

ダンスレッスンは、不定期的にワークショップやパーソナルレッスンを開催している。

セルフコンディショニング・レッスン

 

  • ヨーガ気功

ダンスレッスンに役立つようにと、20代の頃にヨガを故岡島瑞徳に師事。ヨガ、野口整体、武道を取り入れたレッスンのお蔭で、力を抜いて踊ることに目覚める。その後しばらくヨガから離れていたものの、2006年頃自分の身体を整えるために、再びヨガを必要と感じていたその時にロンドン在住の気功家、望月勇に出会う。プラーナヨーガと名付けられたヨーガ気功は、シンプルでありながらとても奥が深い。自分が求めていたのはこのヨガだと確信する。

実践するのはヨーガ気功だが、他の流派のヨガや解剖生理学、ヨガ哲学を学ぶことも大事と思い、全米ヨガアライアンス認定TT(RYT200)修了。シニアヨガプログラムTT修了。マタニティヨガTT修了。

新浦安駅前カルチャープラザ マーレ

NPO法人 健康寺子屋

 

  • リトミック

音楽教育としてのリトミックは、実は日本の洋舞の発展と深い関係がある。リトミックは、石井漠から石井みどりへ、そして折田克子へと舞踊家のためのリトミックとして受け継がれている。

1977年に、リトミック研究センターの代表理事岩崎光弘氏が、自ら石井折田舞踊研究所の門を叩いたのをきっかけに、以来全日本音楽教育研究会千葉県支部、特定非営利活動法人リトミック研究センターで、リトミック指導者にボディテクニックを指導している。

特定非営利活動法人 リトミック研究センター

 

  • 健康

2008年より、NPO法人健康寺子屋でストレッチ、トレーニング、ヨガの指導をしている。三屋裕子(スポーツプロディーサー、バレーボール元オリンピック選手)と出会ったことで、初めてスポーツ・運動という視点から身体を捉えることができた。

健康寺子屋の活動の一環で、東日本大震災健康支援プロジェクトとして、健康支援活動を現在も続けている。

NPO法人 健康寺子屋

 

  • 障害のある方たち

1998年より、障害のある方たちとの表現活動にも積極的に取り組んでいる。主に知的障害の方との活動が多いが、彼らのてらいのない関係の取り方やこぼれでてくる感情は、表現の原石と感じることも多い。

世田谷表現クラブ、特定非営利活動法人EGAO ひまわり工房で、表現ダンスの指導をしている。

YUKAPON’s WEB

特定非営利活動法人 EGAO ひまわり工房